MENU
旅猿
【リゾートバイト歴9年目・ 働いた勤務先は27ヶ所・最高月収30万円・4ヶ月半で貯金100万円達成 】ホテル・旅館の職種は、ほぼすべて経験済み。
リゾートバイトのオタクです。
北海道~沖縄まで色々な地域で働いています。
カテゴリー
派遣会社ランキング
初心者におすすめ
求人数No.1

【仕事簡単】ベルボーイとは?仕事内容やメリット・デメリットを解説

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
ベルボーイとは

・ベルボーイは、どんな仕事するの?
・メリットやデメリットは?
・お得にベルボーイになる方法はある?

これらの疑問を解決する記事です。

ホテルで働きたいけど、フロントやレストランでは働けるか不安じゃないですか?

このような方は、ベルボーイがおすすめです。

ベルボーイは「ホテルマンになる登竜門」と言われている職種だからです。

新人はベルボーイを経験してから、別の職種に配属されたりします。

1回だけ、ベルボーイの仕事を経験したよ。

ベルボーイの仕事は、正直言って簡単。

外資系のホテルで働いたけど、語学力もあまり必要なかったよ。

この記事で分かること
  • ベルボーイの仕事内容
  • メリット・デメリット
  • お得にベルボーイをする方法
目次

ベルボーイとは

ベルボーイ とは 仕事の雰囲気

ベルボーイは、玄関で荷物を預かり客室まで荷物を運ぶ人たちを言います。

ホテルの顔とも言われ、ベルボーイの態度でホテルの印象が変わってしまうほどです。

しかしながら、高級ホテルでなければ、メチャクチャ凄い接客は要求されません。

女性はベルガール

男性をベルボーイ・女性はベルガールと言います。

やる仕事はベルボーイと同じです。

しかしながら、20~30キロの荷物を台車に乗せるので体力と筋力が必要です。

そのため、女性のベルガールは採用してないホテルがほとんどです。

語学力がなくてもOK

語学力がなくてもOKです。

基本的な作業は、荷物を運ぶだけだからです。

実際に働いていたホテルは外資系のホテルだったから、外国人のお客さんが多かった。

だけど、お客さんに対して英語はあまり使わなかったよ。

働いたホテルの体験談は、次の記事にまとめています。

ベルボーイに向いている人

ベルボーイ 向いている人

ベルボーイに向いている人の特徴は、次の通りです。

向いている人
  • 体力がある人
  • チームプレイができる人

詳しく解説します。

体力がある人

ベルボーイは、体力がある人が向いています。

玄関先で重い荷物をカートに入れて、客室までの往復を延々と繰り返すからです。

毎日2~3万歩は歩くのは覚悟しなければいけません。

個人的には、歩いているだけだからラクだった。

だけど、歩きなれない人にはキツイかもね。

チームプレイができる人

チームプレイができる人は、ベルボーイに向いています。

フロントや他のベルボーイと連携を取りながら仕事をやるからです。

たとえば、フロントが混雑している時に待ってもらう場所に誘導します。

ベルボーイ同士だと「5階やるから3階お願い」みたいに、ちょこちょこチームプレイが必要になるよ。

ベルボーイの仕事内容

ベルボーイ 仕事内容

ベルボーイの仕事内容はシンプルです。

1つずつ解説していきます。

荷物の運搬

ベルボーイは、荷物の運搬がメインの仕事です。

お客さんが来たら、荷物を預かりチェックインをしている間に荷物を部屋まで持っていきます。

この時に、同じ階の荷物を台車に入れて、一緒に持っていくとラクです。

ベルボーイ 台車
ベルボーイが使う台車

あと、チェックアウト時にも必要なお客さんは、部屋まで荷物を回収に行きます。

ひたすら歩くのが大変だよ。

海外のお客さんは、荷物が重い…

だから腰には気を付けてね。

チェックイン手伝い

フロントが混んでいる時は、チェックインの手伝いをします。

チェックインの手伝いと言っても簡単で、チェックインシートに名前と住所を書いてもらえばOKです。

余裕があれば、館内の説明も一緒にします。

15時のチェックイン時間に発生しやすい業務だよ。

そこまで難しくないから、すぐに覚えられる。

客室までの案内

ホテルによっては、客室までの案内をします。

特に大きいホテルでは、お客さんが迷うので案内があります。

客室までの道中は、館内の説明や世間話をしながら歩くのでコミュニケーションスキルが必要です。

世間話は、慣れてきて余裕があればって感じだね。

鉄板ネタを持っておくと、道中に無言で気まずくならないよ。

荷物の預かり・発送

ベルボーイは、荷物の一時預かり・発送の仕事もあります。

荷物の預かりは、チェックイン前・チェックアウト後の時間帯が多いです。

または、宅配便で送られてくるので、それを宿泊日まで預かっています。

荷物の発送は、着払いの発送用紙を書いてもらうだけだよ。

ベルボーイのメリット

ベルボーイ メリット

ベルボーイのメリットは、次の通りです。

メリット
  • 覚える仕事が少ない
  • ヒマな時間帯が多い

詳しく解説します。

覚える仕事が少ない

ベルボーイは、覚える仕事が少ないです。

基本的に荷物を運ぶのが仕事だからです。

そのため、ホテルに入社する人が、1番最初に配属されます。

仕事内容は3日もあれば、覚えられる。

慣れれば、気ラクにできる職種だよ。

ヒマな時間帯が多い

ベルボーイは、ヒマな時間帯が多いです。

チェックインが始まる15時ぐらい・チェックアウト30分前ぐらいしか、忙しい時間帯がないからです。

暇な時間は、ホテルの前で立っているだけになります。

暇な時間に、他の人と協力して届いた荷物の整理もするよ。

ベルボーイのデメリット

ベルボーイ デメリット

ベルボーイのデメリットは、次の通りです。

デメリット
  • 外での立ち仕事
  • 中抜けシフト
  • 不審者を入れないようにする

詳しく解説します。

外での立ち仕事

ベルボーイの仕事中は、外でずっと立っています。

そのため、夏は暑く・冬は寒いです。

また、雨の日は靴がビチョビチョになったりします。

ちょうどいい気候だといいんだけどね。

特に寒い日は辛かったよ。

しかも、その日のお客さんが全員来るのを玄関先で待っているんだ。

中抜けシフト

ベルボーイは、中抜けシフトです。

中抜けシフトとは、朝チェックアウトが終わるまで働いて中抜け休憩が始まります。その後、チェックインが始まる14時30分ぐらいに戻ってきて、もう1度働く仕事のやり方です。

中抜けシフトは、1日2回出勤しないといけないので「きつい」と言う人が多くいます。

4時間×2回だから、個人的には結構好きなシフトだよ。

不審者を入れないようにする

ベルボーイは、不審者を入れないようにする役目もあります。

たとえば、チェックイン時に手ぶらで来る人は呼び止めます。

宿泊する雰囲気ではない人は、1度声をかけるとホテルの入りません。

一応セキュリティの面でも役に立っているんだよ。

ベルボーイで働きたいならリゾートバイトがおすすめ

ベルボーイ リゾートバイト おすすめ

ベルボーイで働きたいなら、リゾートバイトがおすすめです。

なぜならリゾートバイトは、面接不要で働ける+1~3ヶ月の短期で働けるからです。

そのため、気軽にベルボーイを体験できます。

また、直接雇用で働くよりも時給や交通費などの待遇が良いため、好条件で働けるのです。

しかも全国に求人があるから、自分が行ってみたい観光地で働けるよ。

高級ホテルの求人もあるから、興味のある人は探してみてね。

リゾートバイトのおすすめ派遣会社【3選】

おすすめ 派遣会社

ベルボーイの仕事なら、次の3社がおすすめ。

おすすめの派遣会社

1社ずつ詳しく解説します。

グットマンサービス

時給
求人数
サポート
福利厚生・リピーター時給がある
・留学支援がある
  • 業界No.1の高時給
  • 交通費などの待遇も他社よりも優れている
  • リピーター時給がある

グッドマンサービスは、業界No.1の高時給で求人数も多いため男女共に使いやすいです。

リピーター時給や週40時間以上の勤務は残業になるなど、他社よりも稼げる仕組みになっています。

稼ぎたいなら、絶対に外せない会社です。

ビーグッド(リゾートバイト.net)

時給
求人数
サポート
福利厚生・bePOINTがもらえる
  • 求人の質No.1
  • サポート体制も整っている
  • 勤務時間に応じてAmazonギフト券やJTB旅行券に交換可能なbePOINTがもらえる

求人の質にもこだわりたいならビーグッドがおすすめ。

ブラック求人を排除して、ホワイト求人しか取り扱っていません。

時給や待遇もTOPクラスなので、安心して使える派遣会社です。

ダイブ

時給
求人数
サポート
福利厚生・オンライン英会話が無料
・留学支援がある
  • 25万人の登録実績
  • LINEでのサポートが可能
  • アフターフォローが他社よりも優れている

リゾートバイト初心者は、ダイブがおすすめです。

LINEで担当者に相談が可能・アフターフォローなどサポートが他社よりも優れているからです。

また、前任者が書いた求人の評判が見れるので、ブラック企業に行く心配はありません。

困ったことは、ダイブなら丁寧に教えてくれますよ。

まとめ:ベルボーイの仕事内容は簡単

ベルボーイ まとめ

ベルボーイは次の4つの仕事しかないため、仕事内容は簡単です。

仕事内容
  • 荷物の運搬
  • チェックイン手伝い
  • 客室までの案内
  • 荷物の預かり・発送

ただ外での立ち仕事+体力を使う仕事なので、体力がある人に向いています。

ベルボーイの仕事をしたいなら、リゾートバイトがおすすめです。

好待遇+1~3ヶ月の短期間契約で働けるからです。

リゾートバイトをする時は、必ず派遣会社を通しましょう!

おすすめの派遣会社

あなたが最高の職場に出会えるように心から願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

他の職種が気になる人は、次の記事が参考にしてください。

ベルボーイのよくある質問

リゾートバイト よくある質問
ベルボーイの年収はいくらですか?

厚生労働省のデータによると、ホテルや旅館の接客担当者の平均年収は314.8円です。

そのため、ベルボーイの年収は300万円前後の年収になります。

しかしながら、ホテルによっては年収400~500万円も狙えます。

ベルボーイになるにはどんな資格が必要ですか?

ベルボーイになるのに資格は必要ありません。

そのため、ホテル実務技能検定を取らなくてもOKです。

就職を狙っているなら資格を取るよりも、リゾートバイトで実際に現場で働いてから就職を狙う方が好待遇で就職できます。

>>リゾートバイトについて詳しくみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次